今夜は東中野です(^^)

今夜は東中野です。
 
いろんなライブやらせていただいてるなぁと、お茶飲みながらふと思いました。
良いとか悪いとか、得意不得意とか、思うことも言われることもいろいろあるけれど、まだまだ興味もあるし、できるようになりたいこともあるし、やっと分かりかけてきたこともあるし。
一生のうちどのくらいできるのか、あとどれくらい続けられるのか分からないけれど、ジャズやってて良かったなぁと思うことはたくさんあります。
 
今夜も大事に吹きます!
 
 
さて、昨日の投稿のコピペなお知らせですが^^;
 
ぜひ生の音を聴きにいらしてください(^^)
 
2月17日(月)
東中野『THELONIOUS』
20:00~2セット MC¥2500
坂野尚子(fl) 蜂谷真紀(vo、pf、voice) カイドーユタカ(b)
https://thelonious-hp.jimdofree.com/
 
蜂谷さんのオリジナルやスタンダード、私の好みのどジャズな選曲やフリーなど、盛りだくさんでお届けします(^^)
素晴らしいお二人の世界観、音楽を聴いているというだけでなく、お芝居を観ているような、物語が感じられるような、いろいろな景色が見える音世界になると思います。
 
毎回それはそれは刺激的で、音の世界ってそんな狭いものじゃないのよ!と教えていただいているような、とっても深いいライブ。

どなたさまも、頭空っぽにしてぜひぜひ聴きにいらしてくださいませ(^_-)-☆

投稿者: 坂野尚子

神奈川県相模原市出身。 自然と動物と音楽が大好き。 幼少のころ近所のお姉ちゃんが吹いていたフルートに憧れ、中学入学と同時に吹奏楽部に入部。一番人気のフルートパートを憧れだったお姉ちゃんのコネでゲット。しかし、中学時代はフルートよりもピッコロばかり吹いていた。以後高校大学社会人6年目くらいまで吹奏楽を続ける。特に高校時代にやったVincent Ludwig Persichettiの作品には多大なる影響を受けている(ような気がする。) 社会人一年目のころ、CDで Bobby Jaspar や Eric Dolphy の演奏を聞いたのがきっかけでジャズフルートに興味を持つようになる。そのころ友人のつながりでジャズフルート奏者の小島のり子さんと出会い、初めて生で聞くジャズフルートにかなりの衝撃を受ける。その後10年間ほど師事。また同時に飯田ジャズスクールにてアンサンブルとジャズ理論を学び、本格的にジャズに傾倒する。 日々勉強しながら東京、神奈川、大阪、静岡にてセッションやライブで経験を積む。現在は東京を中心に活動中。ジャズへの真摯なリスペクトが伝わるまっすぐな演奏、独自のアプローチによるインタープレイ、またフルートの奥深い音色には定評がある。 ライブはジャズを中心にブラジル音楽やポップス、ソウルミュージックのバンドにも参加。数々の実力派ミュージシャンとの共演。 近年ジャズフルートの指導も行っている。 自分らしさと歌心を大切にした演奏をいつも心がけています。ブログではライブインフォと普段の私を徒然に。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。